2011.11.20 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.11.20 Sunday

    Cash on Incentive 

    0

      Cash on Incentive 

      全く新しい有価証券運用ビジネス



      有価証券の現金化作業(有価証券の取得後随時)

       ’箋僖汽ぅ箸悒▲セス

        

        マニュアルにURLが記載されていますので

        そちらのURLへアクセスして下さい。


       売却手続き

        マニュアルの図解に沿って決められた文言の入力と

        それに伴う指定箇所のクリック作業を行って下さい。

        ※入力文面は全て指定されたものを入力いただくのみで結構です。


       M価証券の郵送もしくは証券コードの入力

        作業後現金化される金額がWEB上に表示されますので、

        その金額での現金化に問題が無ければ

        証券となるものが手元にある場合は郵送

        WEB上で完結させる場合は

        その証券番号となる証券コードを入力して送信します。

        ※売却価格に納得がいかない場合はこの段階でキャンセルも可能です。


       じ酋皺充入の入金

        電子取引の場合は手続き後翌日(翌営業日)、

        郵送取引の場合は到着後となりますので

        3〜4日以内の入金が目安となっています。


       (補足事項)

        現在の現金化金額は固定相場の1.5〜3倍に相当する

        15000〜30000円程がおおよその目安となっています。

        ※そのとき々のサイト状況によって変動するものとなっています。

      Cash on Incentive Cash on Incentive Cash on Incentive


      ****************************************************************************


      ****************************************************************************

       ■正規ルートでの換金(現金化ルートが固定相場を下回る場合)

        わたしの経験上、現時点では1度たりとも御座いませんが

        もしもその現金化ルートでの現金化金額が

        その固定相場を下回るような金額となる場合は

        一般的な換金ルートでの現金化も可能

        となっています。


        正規の換金ルートを利用する場合、

        有価証券が手元にある場合は某機関へ有価証券を持参し、

        電子扱いで保有している場合はその公式サイトにコードを入力します。


        この有価証券においてはその相場が固定されていますので、

        正規換金ルートにおいては間違いなく等価で換金できますが

        その手数料として20%程の手数料がかかるため、

        5000円で取得した有価証券に対しての収益は

        20%の手数料を差し引いた3000円程となります。

      即金ビジネス


      ****************************************************************************

       

       


      この有価証券運用ビジネスにおいては、

      まさにその名のとおりその有価証券の取得作業と

      その現金化作業以外に必要となるような行程は一切御座いません。

      キャッシュオンインセンティブ キャッシュオンインセンティブ キャッシュオンインセンティブ


      他の誰と関わるような不確定要素も無く、

      その各サイトに対して決められた作業のみを

      ただ漠然と繰り返していくのみとなっているのです。


      その上で

      5000円程の費用から取得出来る

      10000円の有価証券をただそれ以上の金額で現金化していく

      という、

      まさに小学生でも理解出来るシンプルなビジネスモデルになっています。


      したがってこのビジネスモデルはその形式上としては

      「1万円相当の有価証券を取得していく」

      という流れではありますが

      それは間違いなく国に10000円の価値があると認められた

      れっきとした有価証券となっていますので、

      このビジネスモデルは10000円札紙幣そのものを

      その半額の5000円程で買い上げ

      それを10000円以上の高値で売り飛ばしているに等しく

      そのような流れの中にリスクと言えるものがあるはずも御座いません。

      全く新しい有価証券運用ビジネス 株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス 株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス


      まさに確実な利益を生み出せるビジネスモデルに他ならないのです。


      そんな資金サイクルを毎日でも繰り返していけるのですから、

      それが大きな収入となっていく事等は誰の目にも明らかです。


      当然その収入や行程にも違法性等は一切御座いませんし

      この行為によって迷惑を被っているような人も

      企業、個人を問わず一人として存在致しません。


      だからこそ今もこうしてわたしは誰にとがめられる事も無く

      今もこの資金サイクルからそれに伴う差益収入を

      日々コツコツと積み上げることができているのです。

       

      >>更に詳しい内容はこちらから